スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使

2010年11月21日 22:55

双葉は我が家では天使と呼ばれています。

目の開く前から障害と闘い、そして人手で育った双葉は、それ故にかお父さんとお母さんが大好きで、べたべたに慣れていて、放鳥しても常にお父さんかお母さんの頭の上にいるか、手の中にすっぽり収まっていました。

その懐き様や、小さい時から一緒にがんばって生きてきたことで、私達にとって双葉は本当に特別で、ただ愛されるだけの本当に特別な、天使のような子に育ちました。

その双葉が14日朝、本当に天使になってしまいました。


様子がおかしくなったのに気づいたのは13日の夜の放鳥時。

片足を上げてカゴから出てこようとしない双葉。

手でそっと出してやると、片足が付け根から動かなくなっていました。

片足だけで満足にごはんも食べれていなかったので、プラケに移して様子見を開始。

慌てて病院に予約を入れてその晩はリビングに布団を引いて一緒に寝ることにしました。

症状から脱臼か骨折ではないのか…それならば命に別状はないのではないのか…でももしかしたら…

眠れない夜でした。

2時間置きに目が覚めては双葉の様子をみて、寝息を立てているのに安心して眠りに就くの繰り返し。

最後に寝息を立てているのが確認できたのが6時30分頃。

そして9時頃に様子を見た時には、6時30分に見た時と同じ場所、同じ格好で天使になっていました…


双葉。

ハンディキャップがあっても、これから元気に成長して欲しい、無事に成長して欲しいという願いを込めて、植物の最初の葉っぱ、これから育っていく象徴である双葉からもらった名前。

だけど、その命はたった7か月で終わってしまったね。

最後は目を開けていたね…苦しかったのかな…苦しかったよね、辛かったよね、もっと長生きしたかったよね。

ごめんね、ごめんね…お父さんがもっと早くに気付いてあげてたらよかったね。

お父さん、未だに双葉がいなくなったなんて信じられないよ。

会社でも考えるのは双葉のことばかり。

辛かったんだろうな~、苦しかったんだろうな~と思うと仕事中でも涙があふれてくるよ。

空になったカゴを見ると、寂しさで胸が潰れそうだよ。

長生きさせてあげたかった。

もっともっと甘えてほしかった。

双葉は生まれてきたときから生きていくのに一生懸命だったよね。

ごめんね、お父さんその思いを全うさせてあげることができなかったよ。

ああすれば、こうすれば、後悔の念に囚われてるよ。

双葉、もう一度抱きしめたいよ。

もう一度、愛らしい声でないてほしいよ。

もう無理だってわかってる。

だけど、お父さん、双葉にもう一度会いたいよ。

だから、寂しいけど、悲しいけど、双葉、ちゃんと天国に行くんだよ。

甘えん坊で優しい双葉は、泣いているお父さんとお母さんにくっついているのではないかと心配だよ。

本当にちゃんと天国に行くんだよ。

そして、もう一度お父さんとお母さんにところに生まれてきてね。

お願いだよ。

双葉、愛しているよ。

--要--


双葉へ。

伝えたい事はほとんどお父さんが書いてくれました。

寒くはないですか?お腹は空いていませんか?もう体は痛くないですか?

目を開けてこと切れている双葉を見て、さぞかし苦しかったんだろうと思いました。
ごめんね、ごめんね。もっと早くに気付いてあげればよかったね。

『双葉ちゃんはふっくらしてて可愛いなぁ~』

と言い合っていたお父さんとお母さんを許してね。
調子が悪かったからずっとふっくらしてたんだよね。

今までの双葉ちゃんの写真を見直すとシュッとしている写真が何枚もあって、
お母さんはすごく自分を責めました。自分の無知に。不甲斐無さに。今でも悲しくて悔しくて涙が込み上げてきます。

双葉ちゃんはお母さんとお父さんにとって今までもきっとこれからもずっとずっと特別な子だよ。

こんなこと言うとほかに子に怒られちゃくかもしれないけれど、それでもきっと変わる事はないと思います。

大好きな双葉、愛してるよ。

今でも、鏡を見ている姿、床をトテッて滑って転ぶ姿、お父さんの手の中で眠ってしまう姿や、
お母さんの頭に向かって飛んでくる姿がはっきりと思い出すことができるよ。

こんな幸せな思い出もいつかはだんだん薄れちゃうのかな?


そんなの嫌だよ。


たとえ体がいなくなったとしても双葉が生きてきた証だけは残したい。薄れさせたくない。
そう思って、お父さんもお母さんもとてもつらいけれど双葉に手紙を残します。

1日が1年の様に長く感じられて、1週間がもう何年も過ぎたように感じていました。
でも思い返せばまだ1週間しか経っていないんだよね。

これからの長い時を双葉のいない時間をお母さんたちはずっと過ごしていくのかな?

双葉…、会いたいよ。思う事は、願う事はただそればかり。


もし、もしもまた双葉が望んできてくれるのなら、どうか、どうかこの家に生まれてきてください。

お父さんもお母さんもずっと待っているからね。
その時はそっとお母さんに教えてね。


愛してるよ、双葉。心はずっとずっとあなたのそばにいます。
どうか安らかに眠ってください。

--さっちん--

ペローシスと解り私達が育て出した頃の双葉
hutaba007.jpg

闘病中の双葉
hutaba008.jpg

hutaba009.jpg

お父さんが撮った数少ない双葉
hutaba010.jpg

お父さんの手の中でふっくらの双葉
hutaba011.jpg

生きている時最後に撮った双葉
hutaba012.jpg

そして、最後の双葉ちゃんの写真です。
hutaba013.jpg

もしよかったら撫でてやってください。



コメント

  1. ひよママ | URL | 3XkOqNmY

    Re: 天使

    会社で記事を読み、愕然としています。
    ぴよぴよ言ってるって記事がアップされたのが13日お昼近く。
    双葉ちゃんが逝ってしまったのが14日朝。
    レスを書かれたのが15日…
    なんて、時間の流れを見ながら、要さんとさっちんさんの
    深い悲しみはいかばかりだろうと考えています。
    新しく生まれてくる命、逝ってしまう命。
    新しい出会い、そして別れ。
    要さんのお家には、大切な大切な「命」の物語がたくさんありますね…
    双葉ちゃんの成長は、ブログを見ている私たちにも多くの感動や喜びや
    癒しをくれてました。
    そして、短い生涯ではありましたが、双葉ちゃんは要さんとさっちんさんの
    愛情に包まれて、幸せだったと思います。
    本当に幸せだったと思います。
    次に生まれてくるときも、必ず要さんのお家を選んでくることでしょう。
    双葉ちゃんの御冥福を心よりお祈り申し上げます。

  2. ピコパパ | URL | -

    Re: 天使

    大切にされていた双葉ちゃん、とても残念です。
    自分もちびちびーなちゃんと呼ばれていたころから
    ブログで見ていたので、かわいらしい記事が載っていた
    のが昨日のことのように感じます。
    きっと短い命だったかもしれませんが、双葉ちゃんは要
    さんのおうちに生まれてきて幸せだったと思います。
    またどこかで双葉ちゃんが要さんとさっちんさんのもとに
    戻ってきてくれますように。

  3. 羽 | URL | -

    Re: 天使

    悲しいね・・・。本当に本当に悲しくて残念・・・。
    辛い気持ち、すごくすごくわかるよ・・・。
    この記事をUPするのもすごくすごく苦しくて
    勇気が必要だっただろうと思うと苦しくて胸が張り裂けそうになりました・・・。
    2人とも、がんばったね。
    だけどひよママさんやピコパパさんも言われてるように、
    さっちんと要っちのとこの子に生まれて
    双葉ちゃんも本当に幸せいっぱいもらえたと思う。
    かわいいかわいいって毎日嬉しい言葉もらえて
    本当に嬉しかったと思うよ。
    残念だね。もっと一緒にいたかったよね。
    きっと生まれ変わってもうちのごまちゃんのように
    戻ってきてくれるよ。
    大好きだよってまた言ってくれるよ。
    あたしも「またもさとり家へ戻ってくるよね。」という
    想いで双葉ちゃんをなでなでさせてもらいました。

  4. さっちん | URL | RS4k0RpE

    ありがとうございます。

    コメントのレス、遅くなりましたが返させて頂きます。

    コメントをくださった御三方を始め、
    モニターの向こうから心配してくれていた方々。
    双葉の写真をなでてくださった方々に御礼申し上げます。

    双葉は今、観葉植物の鉢植えの下で静かに眠っています。

    『双葉は寂しがり屋だから鉢に植えてリビングに置こう』

    要と話し合って決めました。
    花屋さんに行くと観葉植物の寄せ植えがありました。
    要は一目見るなり

    『双葉ちゃんの木や!!』

    と言いました。
    その寄せ植えと、鉢を買ってふたりで双葉を埋めました。

    双葉は『この植物を立派に育てるね。』と言ってくれました。

    寂しい時には抱きしめて、言葉をかけてあげて、撫でてあげて。
    このひと月、双葉は今も静かに植物の糧になり、
    隣にあるプラケースの中の雛達を見守っていてくれています。



    >ひよママさん

    コメントと、ブログへのアップありがとうございます。
    ひよママさんのお友達繋がりで双葉もきっとたくさんの人に撫でてもらえて幸せだと思います。

    早いもので双葉を失ってからもうひと月が過ぎました。
    双葉が我が家に生まれてきてくれた事を幸せだったと思って頂けた事、とてもうれしく思います。
    後悔することは多々ありますが、悲しみはだいぶ和らいできました。
    それでも、今涙を流しながらお返事を書いています。涙もろくてすみません…。
    もし、双葉がまた生まれ変わってきてくれたら…とてもとても幸せだと思います。
    それを切に願わずにはいられません。


    >ピコパパさん

    コメントありがとうございます。
    先日病院で点滴を受けていたら、これまでお別れしてきた子供達が枕元に会いに来てくれました。

    『おかあしゃん大丈夫?早く元気になってね。
     また会いに来るから、生まれ変わって来るから、
     それまでチビ達のことお願いね。』

    そう言われた気がします。
    私はそのまま眠ってしまったのですが、
    たとえそれが現実でも夢でも子供たちに会えたのはとても幸せでした。

    許されるのなら、また生まれ変わってきて欲しいと願っています。


    >羽さん

    コメントありがとう。
    別れは本当につらいよね…。
    でも、その子をお迎えしたことで得られる幸せもあるし別れもある。
    そのジレンマで今揺れています。
    日記も久しぶりに読み返したらしばらく涙が止まらなくって…。

    悲しいけれど、今うちには新しく宿った大切な命があります。
    双葉にも新しい子を頼むねって言われたよ。

    双葉をなでてくれて本当にありがとう。
    胸が詰まってうまく言葉にできないけれど、とてもうれしいよ。本当にありがとう。

    鉢植えをなでる度、また生まれ変わってきてねと心の中でつぶやいています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mosatori.blog5.fc2.com/tb.php/79-12f24a31
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。