スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生まれてる

2011年05月16日 20:05

さっちんが雛の声がすると報告してから暫く時間が経ちました。

そろそろ現状の把握をと思い、思い切って巣箱の中を確認しました。

そうすると…





いました!!

紫苑きゅん&るーちゃんペア 3羽 (中止卵が1つ)

若ちゃん&ほのちゃんペア 5羽か6羽!!

一瞬目を疑いましたが、巣箱ぎゅーぎゅーに詰まっている雛達の様子からしてもいっぱいいるのは間違いなさそうです。

若ちゃん&ほのちゃんペアは今までのもさとり家始まって以来の大所帯です。

いや~びっくりしました。

餌の消費が激しいな~とは思っていましたが…よもやよもや。

大変だとは思いますがこれから順調に育ててくれる様に親鳥にはお願いしておきました。

紫苑きゅん、るーちゃん、若ちゃん、ほのちゃん雛の事よろしくね。


さて、雛の事も気になることではありますが、親鳥でも気になることがあります。

それは子育て(抱卵)が上手かどうかです。

最初から思っていましたがるーちゃんは抱卵が余り上手ではありません。

精神的に何かあるのか、小さい個体だからなのか、抱卵に入ると母体がぼろぼろになります。

ruri010.jpg

もう抱卵時期は終わって多少回復してきたので分かりにくいかもしれませんが、全身の毛がぼさぼさになっています。

毛艶もなくなり、目の周りの毛が抜け落ち、耳も露出していました。


それに比べてほのちゃんはと言うと

honoka014.jpg

つるつるのピカピカです。

育児中は普段より栄養価が高い餌を食べているせいか、下手したら普段より毛艶がいいくらいです。


よくよく考えると、育つ雛の数もるーちゃんよりもほのちゃんが多いようです。

こんな所にも個性が出るのですね。

個性と言うと一言ですが、るーちゃんの場合、まさに命懸けの産卵、抱卵、育児をしているように感じます。

そうなってくると、心配なのは母体であるるーちゃんへの影響です。

今後もるーちゃんに産ませていいのか?

寿命に影響しないのか?

さっちんと色々と話し合いました。

そして、紫苑きゅん&るーちゃんペアの巣引きは今回で最後にしようと決めました。

この決断で、少しはるーちゃんが楽になってくれるといいな~と思っています。

とは言え、まだまだ子育て中のるーちゃん。

巣上げするまでもう暫くがんばってね。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mosatori.blog5.fc2.com/tb.php/93-6e59afd4
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。