スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サザナミインコ 里親募集 2013年初夏

2013年06月19日 21:38

我が家で生まれた雛の里親様を募集します。

応募に関しての詳細は里親募集要項をお読みのうえご連絡ください。

明らかに里親募集要項をお読みになっていないと判断した応募には回答いたしませんのでご了承ください。


現在の募集は

すみ(モーブシングル)×古都(ダークグリーンダブル)ペアから

1.でけーな (モーブ)(性別不明) ※里親様決まりました

deke.jpg

短い距離ですが上手に飛ぶ様になってきました。(50センチくらい)
羽ばたきの練習も一生懸命しています。
目が零れ落ちそうに大きくてかわいい子です(どの子もですが!!)
粟穂をついばんでいますが食べているかは不明です。
むっちむちで可愛いです。


2.ちびーな (ダークグリーンスパングルシングル) (男の子) ※里親様決まりました

chibi.jpg

まだ飛べませんがジャンプはしました。
一生懸命羽ばたきの練習をしています。
ものすごく元気いっぱいやんちゃっこです。
粟穂をもりもりついばんでいます。
がっちり身の詰まった体系をしています。


3.ぷちーな (ダークグリーンスパングルシングル) (男の子) ※里親様決まりました

puchi.jpg

まだ飛べませんがジャンプはしました。
一生懸命羽ばたきの練習をしています。
この子もものすごいやんちゃっ子です。
粟穂をついばんでいますが食べているかは不明です。


4.ろりーな (ダークグリーンスパングルダブル) (女の子) ※里親様決まりました

rori.jpg


まだ飛べませんがジャンプはしました。
おっとりした性格で、まだ羽ばたきの練習には目覚めていません。
お母さんそっくりのきれいな色とベビーフェイスです。


若葉(コバルトスパングルダブル)×ほのか(モーブ)ペアから


5.でけでけーな (モーブスパングルシングル) (男の子) ※里親様決まりました

dekedeke.jpg

まだ飛びませんが少し羽ばたきの練習を始めました。
のんびりおっとりさんです。


4.ちびちびーな (モーブスパングルダブル(シルバー)) (女の子) ※里親様決まりました

chibichibi.jpg

まだ羽ばたきの練習には目覚めていません。
今まで取り上げたどの子よりも色素が薄く感じます。
まさにシルバー!!といった感じです。


以上のの6羽になります。
(残りの2羽はまだ小さいので今回募集は致しません。後日改めて募集致します)

性別は遺伝に詳しい友人から教えて頂いたものですが、当方で確実な保証はできませんので予めご了承ください。

どの子も手を出すと手に寄ってきます。

指し餌は全員1日3回です。

日に日に成長していますのでお渡しの時期によっては、挿し餌の食べや飛行状態は変わっている可能性があります。




大事に大事に育ててきた雛達ですので、良縁があればと心から祈っております。

もし、この子達の新しいお父さんとお母さんになってもいいと思われた方は、お気軽にメールください。

よろしくお願いします。

巣上げと雨。

2013年06月13日 22:20

さっちんです。
タイトルにもある通り、巣上げをしました。

今回巣上げできたのは

すみ(モーブSF)×古都(ダークグリーンDF)ペア
若葉(コバルトスパングルDF)×ほのか(モーブ)ペア

です。

よもきみペアは、雛は孵るものの産まれてからすべて食べてしまい、残りは中止卵。
悲しい結果に終わりましたが
きみちゃんのおなかがまた大きくなってきて2度目の産卵&抱卵中です。
(撤去するか迷ったのですが、授かった命なので可能性にかける事にしました)

葵縁ペアの所はずっと待って今いたが孵らなかったので、無精卵だったのでしょう。
吐き戻しも交尾も確認できていなかったのですが、
オスの葵ちゃんが一緒に巣箱に入っていたのでもしやと期待に胸ふくらませていましたが…。
ここのペアは交尾さえしてくれればうまくいくと思うので次回に期待です。

さて、巣上げした雛達ですが
10日ほど前にすみ古都ペアを。
2日前に若ほのペアの所を取り上げてます。

巣上げしてから早々にご報告するべきでしたが、
お給仕するだけで手一杯となって報告が遅れてしまいました。

すみ古都ペアの所はもう色がはっきりしています。
上から

・モーブ
・ダークグリーンシングル(オス)
・ダークグリーンシングル(オス)
・ダークグリーンダブル(メス)

の4羽です。

ぱたぱた羽ばたきの練習も始めています。

IMG_2809.jpg



若ほのの所は5羽巣上げしましたが、
1羽ご飯を食べないというか生きる気力を感じない子がいて
一晩越してくれれば…と思っていましたが、翌朝には冷たくなっていました。
そのうにはご飯が入ったままで、少し血を吐いていました。
覚悟はしていましたが、もう色がわかるくらい大きくなっていたのに
やっぱりやりきれない気持ちです。
『雨』と名前を付けて埋めてあげました。

…やっぱり、何度経験しても、その子の天命だったのかな…とか
巣箱から出さなければ長生きできたんじゃないかな…。とか色々考えます。
どんなに考えても答えは出ないのですが、
今までの巣上げの経験の中でこんなに生きる気力を感じない子は初めてでした。
今度は、一杯ご飯食べて大きくなろうね。
どうか天国で幸せになって…ね…。

残った子たちには雨の分まで幸せに、大きく育って長生きして欲しいと願うばかりです。

IMG_2814.jpg


巣上げしてからすぐ撮った物です。
雨が写ってる唯一の写真になってしまいました。

若ほのの所の4羽になりました。
まだとても小さい子がいるのでその子たちの色はまだはっきりしませんが、
今回は『モーブシングル祭り』になりそうです。

おそらくですが

・モーブシングル
・モーブダブル
・モーブシングル
・モーブシングル

だと思います。
シルバーの子も1羽出ました。

すべての子を里子に出すつもりですので、
気になる子がもしいらっしゃいましたらもうしばらくお待ちください。

すみ古都の子たちは早ければ今週末にでも個々の写真をアップして
里親募集をかけるつもりです。

長くなってしまいましたが、どの子にもご縁があることを切に願います。

少しずつ前へ。

2013年05月26日 20:56

すっかりご無沙汰しております、さっちんです。
るーちゃんが天国に旅立ってからすぐ、
もさとり家では大事件が起こりました。

それは我が家の小鳥たち全員が次々と血便を出したこと。

はじめに発見したのがクリームイノの雛だったので
PDFDをはじめありとあらゆる項目を全員検査。
結果異常は見つからず、同時に原因も見つからず。
私たちも先生も手をこまねいてしまい、
原因を追究するために全員バラバラに隔離
場所もそれぞれみんな離れた状態で置き、投薬。
一羽お世話するごとに服を着替えて消毒して…。
そんなものすごい手のかかる闘病の日々がひと月半ほど続きました。

夜はるーちゃんの写真を見ては泣き、
最後の子が卒業する頃には身も心もすっかりボロボロになっていました。

唯一の救いは今回誰も犠牲が出なかったこと。
結局原因は何だったのかと言うと『感染性の急性の胃腸炎』と言う事で落ち着きました。

今はみんな元気です。
時間外診療&とんでもない羽数を一手に引き受けてくださった
恵比寿小鳥の病院の麻衣先生をはじめ医院のスタッフ様には大変お世話になりました。
この場を借りて再度御礼申し上げます。ありがとうございました。


最後の子が卒業し、要と話し合った結果
大事を取って春の巣引きは行わない方針で決めました。


ですが、ですが、そうも言ってられないのが自然界と言うものなのか、
本能がそうさせるのか、きみちゃんのおなかが大きくなってきてしまいました。

きみちゃんは前回秋に初めて出産しました。
通院する前は巣引きはしてもきみちゃんペアだけは休ませるつもりでいました。

でもそうはならなかったのです…。

すっかりやる気満々のきみちゃん。
有精卵ならもったいないと思い巣箱を入れることにしました。

巣箱を手にしばらく考えましたが、どのペアも
羨ましそうにこちらを見ている気がします。

…思い立ってすべてのペアに巣箱を入れました。(えええ)

熟練の若葉(コバルトスパングルDF)×ほのか(モーブ)ペア
前回デビューした、よもぎ(グリーン)×きみ(ルチノー)ペア
前回がんばって一人で無精卵を温め続けた、すみ(モーブSF)×古都(ダークグリーンDF)ペア
前回巣箱に怖がって全く入らなかった、葵(コバルト)×縁(モーブDF)ペア

の4組です。


さて、よそ様のところよりかなりスロースタートになってしまった
もさとり家の巣引きですがどうなるでしょうか…。

今の所、卵はすべてのペアに産まれています。
ペアによってはぼちぼち雛も大きくなりだしているようです。

みんな、大きく育って幸せになって欲しい。
願うのはただそれだけです。

るーちゃんの件に関しては、今でも時々泣きますが、
ペットロスと言う状態からは脱出できたと思います。

るーちゃんの羽に、『みんなの事を見守っててね』と祈る毎日です。

癒えぬ傷

2013年02月22日 23:45

1月15日、るーちゃんが天国に旅立ちました。

以前から膨れていたので、心配になって病院に予約を入れて、プラケに移して保温を始めて、これでとりあえずは一安心と思っていた翌日の朝、天国に旅立っていました。

保温の温度が高すぎたのか、一緒に入れていたお水が亡くなっていました。

寂しいだろうと一緒に移していてあげた紫苑きゅんは無事だったし、るーちゃんの羽も開いてなかったから、保温の温度が原因だったのかはわかりません。

区別する訳ではありませんが、私たち夫婦にとって紫苑きゅんとるーちゃんは特別なカップルでした。

ずっとずっと私達と一緒で、ずっとずっと紫苑きゅんと一緒に居てくれるのだと思っていました。

もしプラケに移していなければ旅立つことは無かったのではないかという思いが頭から離れません。

もしもっと早くに病院に連絡していれば違う結果になっていたのではないかという思いが頭から離れません。

るーちゃんは幸せだっただろうか、生まれ変わってもう一度我が家に来てくれるだろうか…そんなことを考える毎日です。

紫苑きゅんも毎日のように呼び鳴きをして、体重も落ちてきています。

最愛のパートナーを失った紫苑きゅん。

返事が来ないるーちゃんを探して鳴いています。

「お父さん、お母さん、るーちゃんが居ないの。るーちゃんは何処?」

目を合わすと大きくてつぶらな瞳でそう訴えかけてきます。

「るーちゃんはもう居ないんだよ」

その一言が声に出せません。

まだ現実を受け入れることが出来ておらず、その一言を発すると本当にるーちゃんが居なくなってしまうような気がして、認めたくなくって…

ゲージに独りだけ居る紫苑きゅんを見ては、悲しみに暮れています。

もう暫く時間をください…


最愛の紫苑きゅんと
ruri011.jpg

みーちゃん(でけーな)と松葉(ちびーな)

2013年01月22日 01:09

里子に出すか迷っていた雛ですが、ご縁があってでけーなを里子に出すことになりました。

今回はBLOGでの募集ではなく、本当にご縁のあった方にお譲りすることになり、先日無事引き渡しました。

BLOGでの里親様募集を楽しみにしていてくれた方がいましたら申し訳ありません。


でけーなは早速「みーちゃん」という素敵なお名前をいただいたようです。

みーちゃん急がなくていいから、徐々に新しい環境に慣れて、新しい家族の一員になるといいね。


ちびーなは我が家に居残りです。

名前は「松葉」

今はプラケで生活していて、お外に出すとお気に入りのカーテンレールの上でカーテンをはみはみしています。


本当に仲良くていつも一緒の2羽。

引き離した事により、呼び鳴きしたり、食べなくなるのではないかと心配しましたが、松葉は今日も元気いっぱい、体重も変わらずで一安心です。

みーちゃんも大丈夫だといいのだけれど、何かと心配な親心です。


この2羽は、尻尾の黒色の入り方がちょっと違うだけで、あとは全然見分けがつかないくらいそっくりさんです。

deketibi_006.jpg
お父さん、見分けがつくぶい?

deketibi_007.jpg
カーテンレールがベストプレイスぶい


2羽ともどうか元気で長生きしてね。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。